脳トレーナーへの道 16

2013年9月30日

LH(左脳)とRH(右脳)間で明確な勝者が存在しないと問題が起こります。

失読症と吃音がその結果起こりうる障害です。

例えば、通常の大人と子供の70〜80%でplanum temporale(ウェルニッケ言語野の中心)がLHの方が対応するRHよりも大きいのです。(Preis、Jancke、シュミッツ-ヒレブレヒト&シュタインメッツ、1999)。

(Preis,Jancke, Schmitz-Hillebrecht & Steinmetz, 1999).

しかし、失読症の患者ではこのようなことがありません。

ほぼ同じサイズなのです。

吃音の場合には、機能的な違いが脳のイメージング研究で観察されています。

通常の読書やスピーチは、左の上側頭回をアクティブにするのに対し、吃音は、対応するRHの場所を活性化します。(Springer & Deutsch, 1998, pp. 274—280).

そして調査によると左利きの約20%が右脳が優位でした。

左利きにはまた、 “吃音、失読症などの言語障害の発生率が高いです。 (Ratey, 2001, p. 275).

脳トレーナーへの道 15

2013年9月29日

LH(左半球)は、論理、数学、および分析推論が得意です。

言語表現と理解がLHのブローカ野とウェルニッケ領域にリンクされています。 LHは研究の過程で詳細を見つけるために不可欠です。 それは文法的な原則とスペルを担当します。言語記憶はLHに格納されています。

RH(右半球)は、通常、非優位半球です。これは体の左側に活動を担当しています。 それは感情や音楽理解をLHよりもうまくこなします。

歌の音の甘いトーン、怒りの言葉の苦さはすべてのRHから来ます。冗談がなぜ面白いのかはRHが知っています。

RHの機能は、創造性と知覚、視覚空間処理、迷子にならない能力、そしておなじみの場所を認識することが含まれます。私のRHは、考えないでも私がどこにいるか知っています。

ロジックは、左にあるかもしれませんが、直感と洞察力は右側にあります。おそらくRHの最も重要な特徴の一つは、顔認識、共感、早期の自己概念などの人間性です。

脳トレーナーへの道 14

2013年9月25日

脳の構造

 

大脳皮質のそれぞれの半球を構成する4つの葉があります。

脳は非常に複雑な構造です。

各葉の下に無数の接続があります。

脳の重要な部位のリストには

右半球と左半球の違い、

4つの葉、

その葉の中の3つの特別な部分が含まれます。

センサー配置は、多くの場合、脳の葉の知識によって決められます。

 

左右脳の違い

 

左半球は通常優位半球です。これは、体の右側の活動を担当しています。ほとんどの人は、右利きです。 それは利き手である。 左半球は、詳細を追及します。

 

細部に優れている人もあれば、全体像を見ることに優れている人もいます。

健康な脳は必要に応じてLH(左脳)からRH(右脳)に切り替えることができます。長年にわたって瞑想を実践している人々は、しばしばで右左への切り替えに習熟しています。彼らは、高振幅同期アルファ波を出力するために自分自身を訓練しています。

脳トレーナーへの道 13

2013年9月24日

脳脊髄液

 

脳は、自重で壊れるほどに重いです。脳脊髄液(CSF)がこれを防いでいます。

脳は、クッションの中に浮かんでいます。

脳はCFS包まれ、養われているのです。

 

CFSは脳に液体クッションを与え、脳が衝撃を受けた時にその被害を最小限に抑えます。

CSFは、頭内部の脳室と他の脳内経路を移動し一部はは脊髄に移動します。

 

これは、新鮮な栄養素を脳に供給するために定期的に補充されます。

脳トレーナーへの道 12

2013年9月23日

他の脳のプロセス

ニューロフィードバックトレーニングはほとんどの場合、脳の電気的活動を使用します。しかしながら、局所脳血流(rCBFの)への関心が高まっています。

HEG装置は、被験者に脳の重要な分野で脳血流を改善することを教えることができます。場合によりHEGの方が脳波(EEG)ニューロフィードバックよりも効果的であることもあります。

局所脳血流と脳波の関係を理解することは、すべてのトレーナーに不可欠な知識です。

 

脳血流

 

脳に十分な酸素とブドウ糖が供給されないかぎり、脳波の活動は発生しません。脳血流(CBF)は、様々な脳構造へのこれらの必要な要素を、脳の損傷を防止するために運びます。

大人の脳は毎分750ミリリットルの酸素を含む血液が必要です。動脈によって身体組織に送られる酸素の全量のうち、20%が脳単独で消費されます。

 

5〜10秒間、脳への血流の中断は、意識の一時的な変化を引き起こすのに十分です。

5〜10分の血流の中断は、不可逆的な神経損傷を発生させます。脳への血液の送達は2ペアの動脈によります。

(Diamond, Scheibel, & Elson, 1985, p. 9-1)

 

皮質レベルでのCBFは、例えば、陽電子放射断層撮影法(PET)及び(SPECT)などの脳イメージング技術を介して何度も記録されています。

単一の陽電子放射コンピュータ断層撮影。

PETおよびSPECTスキャンが異常な血流のパターンが強迫性障害(OCD)および注意欠陥/多動性障害(ADHD)など様々な疾患の指標であることを示しました。

 

そのように脳の機能低下部は血液の供給不足が起こっています。

働いている脳は安静時の脳よりも、特定の場所で多くの酸素化された血液を必要とします。

脳の血流の質の向上は精神能力を向上させます。局所脳血流(rCBF)(局所脳血流)とEEG活性との相関関係は、以下の2つの参照によって説明されます。

Research by Lubar, Angelakis, Frederick, and Stathopoulou (2001)

EEGとHEGの関係、および皮質減速を示しました。

 

脳血流(CBF)の測定は、PETやfMRIの[機能的磁気共鳴画像]のように、脳の不活性化と徐波との関連付けをサポートしています。

CBFを使った認知神経画像研究で異なる読書モダリティの関連領域での脳代謝の増加を示している….

 

脳代謝の増加は、高周波数脳波の振幅の増加に相関している – と脳代謝の低下は(8ページ)、遅い周波数EEG振幅の増加と相関している

 

ダビッドソンの(1998)の研究では、うつ病における左前頭前野での血流減少と神経活動の減少が関係を示しました。

 

うつ病患者の安静時の左前頭の血流減少と脳機能低下の研究は、脳波と代謝のパターンを明らかにしました。

 

うつ病患者の脳の映像化技術による脳の一部の機能の研究は安静時の左前頭前野の血流の低下もしくは代謝の低下を示しました。

 

私たちは、うつ病の脳の一部の電気的活動を調べるいくつかの研究を行いました。

この左前頭前野の活動低下が喜び、興味の喪失、やる気、行動の減少と関連付けました。

  • 記事の更新通知を受け取る

  • Facebook



  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • タグクラウド

  • PAGE TOP
    Copyright(c) 2013 デジタル脳トレ All Rights Reserved.