脳トレーナーへの道 66

2013年11月30日

周波数帯域の見直し

脳波(EEG)を学ぶものは、しばしばこのようなアルファ瞑想、ベータ覚醒、シータ霧、または感覚運動リズム(SMR)穏やかさ、とか一般化しすぎます。

これらの表現は役立つとともに誤解を生みやすくします。

このような考え方は、各周波数帯域は一次元または独立していることを示唆しています。周波数帯域幅は全体のEEGの一部分です。大脳皮質の電気的性質は、柔軟性があるとき最適に動作します。

例えば、勉強と熟考のために脳は集中のベータから熟考のアルファにシフトする必要がありシータは創造的な解決を提供するために、準備しています。このような活動は、EEGで一般的です。

 

しかし時としてバランスが崩れ、特定の周波数帯域が優位になり柔軟性を失います。

また各周波数域は、正と負の両方の特性を持っています。

そしてそれぞれ特定の周波数範囲にあります。

ある周波数域はリズミカルなパターンとそうでないものの

両方のパターンを持っています。

脳トレーナーへの道 65

2013年11月29日

QEEG技術者は多くの場合、各セグメントのデータを5分間収集します。 閉眼5分、開眼5分、必要があればタスク時5分です。 学習障害のクライアントは、数学の問題を実行するか、読んだり、覚えてしようとしたときにその特性が一番現れます。 一般的に開眼時はクライアントの目の動きを最小限にするために、部屋の中で一つのオブジェクトを見るように求められます。 時として短い休憩が必要に応じて取られます。

時には、クライアントが挙手で休憩を依頼します。 時としてアーチファクトが多いと測定を止めます。

閉眼の測定時に眠くなったり、緊張するクライアントがいます。 そういう時はそれを言及するようにクライアントに依頼することが重要です。 測定終了時に、生の脳波データをクリーンアップし、最低1分のアーチファクトのないデータを取出します。 そしてレポートを作成します。

データをアーチファクトすることは高度なスキルです。

トレーナーは、アーチファクトの知識を持っている必要があります。

お勧めの本は、(ハモンド&Gunkelman、2001)アーチファクトの芸術である – ISNRから入手することができます。

トレーナーによって得られた生QEEGデータが正確に病院の神経科医によって取得されたデータと同じです。その結果、発作性疾患が疑われる場合には、神経科医に相談するのが賢明かもしれません。

脳トレーナーへの道 64

2013年11月28日

アーチファクト

脳波データはアーチファクトしなければなりません。

アーチファクトとは頭皮上で測定される脳波以外の電位です。環境、機材、被験者から発生します。

それらは脳波より大きい場合が多く、脳波測定の邪魔をします。

それらを正しく除去することが脳波を見る上で大事です。

 

データ測定

•アルコールは、測定前1〜2日間避けるべきである。

•良い夜の睡眠が必要である。

•空腹で来ないでください。甘いものを避けてください。

•飲料水を持参してください。

•髪の毛は、テストの日を洗髪する必要があります。

•髪の毛は塩橋を防ぐためにテストのために乾燥しなければなりません。

•ヘアコンディショナー、スプレー、ジェルなどを使用しないでください

•ピアスは、外す必要があるかもしれません。

•店頭(OTC)薬を避けてください。

•処方薬の使用を報告してください。

データは19か所の頭皮の場所から同時に収集されます。個別のリード線を使用するのではなく、ほとんどの場合エレクトロキャップ•インターナショナル社のキャップを使用します。 それぞれ色分けされたキャップのサイズは、国際10-20法に対応して19個と端子とグラウンドそして2つの耳たぶクリップを持っています。

21個のセンサはリード線の付いたワイヤハーネスで接合されてます。

ハーネスはまずインピーダンスメータに接続されます。

トレーナーが準備する間クライアントはじっと座っています。特殊な導電性ゲルを各穴に注入します。

QEEG技術者は、21の各位置での電気抵抗値が5,000Ω以下になるように努力します。インピーダンスが許容範囲内になると、ワイヤハーネスは、インピーダンス計から外されQEEGデータ収集システムに接続されます。

クライアントは、コンピュータのモニタに表示される生EEGデータを見るように指示されます。次に、技術者は、筋肉のアーティファクトについてクライアントを教育するために顔や身体の一連の動きを実行するようにクライアントに指示します。たとえば、クライアントが目を離したときに前頭葉の場所のほとんどで大きな歪みがあります。クライアントがかむ場合は、側頭葉の位置が最も高い歪みます。

筋肉アーティファクトの他の源は、つばを飲み込む、しかめっ面、ガム噛む、そわそわ動くことと舌の動きがあります。あまりにも多くのアーティファクトが存在する場合、測定はできません。

筋肉の動き(表面筋電図[SEMG]録音)の一般的な範囲は、15から300 Hzまでです。 EEGはほとんどのデータ•アクイジション•システムで1-32 Hzまでの範囲です。2つの周波数範囲が互いに重なり合います。例えば、25 Hzは筋電と脳波の可能性があり、どれがどれであるかを知ること時に困難です。 それが多くのトレーナーが専門機関にデータ解析を依頼する理由です。いずれの場合でも、クライアントをどれだけリラックスさせるかがアーチファクトを減らす一番最初の努力です。

脳トレーナーへの道 63

2013年11月26日

Suldo、オルソン、そしてエバンス(2001)の文献を検討し、次のようにアルファドミナント周波数を明らかにしました

 

健康な成人(M = 9.5 Hz)

痴呆症の成人 (M = 8.5-9.0 Hz)

成績の良い大学生 (M = 11.39 Hz)

成績の悪い大学生 (M = 10.23 Hz)

 

低い平均アルファ持つクライアントは、徐波障害を持つことが多いです。

脳トレーナーへの道 62

2013年11月25日

Asymmetry

ミラーサイトが非対称の場合には、それらは大きく異なることを意味します。前頭の非対称性は、うつ病や不安のマーカーですが、大きな非対称はどこであっても問題です。

 

Dominant Frequency

EEGで一番高い振幅の周波数がドミナント周波数です。EEGは使用されている機器に応じて、0から32 Hzまでの範囲です。

すべての19か所の頭皮位置を調べることによって、最大振幅の測定値を見つけます。 13歳以上のドミナント周波数は10 Hzです。 年齢が低いとドミナント周波数も低いです。

クライアントのドミナント周波数を知ることはトレーニングの成果に重要な役目を果たします。それが低すぎる場合には、徐波障害の可能性があります – それが高すぎる場合、不安や不眠症が存在しているのかもしれません。

0から32Hzのドミナント周波数を知ることに加えて、選択された帯域幅内でドミナント周波数を知ることも臨床的有用性があります。

例えば、アルファのドミナント周波数を見つけるためには、8-12ヘルツのアルファ範囲内の各ヘルツビンをチェックする必要があります。個々の周波数は、どれが最大振幅を有するか比較されます。その時、次の点を考慮してください

 

ドミナント周波数は平均周波数に非常に似ていますが、同じではありません。

ほとんどの標準データベースソフトウェアは、ドミナント周波数データではなく平均周波数データを表示します。

異常を探すときにドミナント周波数の知識が役立つことがあります。例えば、通常のアルファのドミナント周波数は両半球で同じはずです。

両半球のドミナント周波数を比較すると、問題が明らかになるかもしれません。アルファドミナント周波数はまた、知性の指標であると考えられています。

  • 記事の更新通知を受け取る

  • Facebook



  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • タグクラウド

  • PAGE TOP
    Copyright(c) 2013 デジタル脳トレ All Rights Reserved.