脳トレーナーへの道 81

2013年12月15日

別のオプションは、ベータ抑制を削除し、後部のサイトでアルファをアップトレーニングすることです。 例えば2チャンネルで後部サイトO1、O2でアルファシンクロをやるか、1チャンネルのアルファトレーニングをやることでクライアントにリラックスすることを教えられます。

プロトコルは、EEGデータに基づいて選択する必要があります。 LHアルファ> RHアルファの場合、アルファアップトレーニングはRHに限定する必要があります。

 

GAMMA (40 OR 38-42 HZ)

ガンマ

40ヘルツはガンマ帯域幅の一部です。 40 Hzの同期性バーストは、大人と子供の問題解決の作業中に発見されています。 障害や精神障害があるとそれはしばしばそれは欠けています。

40ヘルツリズムは特定の部位ではなく頭全体でみることができます。それは、脳を整理し学習を促進し、精神的な切れ味を可能にするためのようです。 脳が必要とするとき起動し、そうでないときは休んでいるようです。

 (Hammond, 2000, pp. 95—100).

被験者が一連の認知課題を提示されたとき、ガンマは働きます。2チャンネルのC3とC4での38-42 Hzの範囲内のシンクロトレーニングと20.5から21.5 Hzのトレーニングと交互にすることができます。このプロトコルは、情報を整理して実行することに問題があるクライアントや学習障害を持つものために役に立つかもしれません。

ジョンストンとガンケルマン(2003)によると最も興味深い新たな解析手法のもう一つは、40 Hzの活動(ガンマ同期)です。認知処理に関するガンマ同期は、全脳レベル、広く離れたEEG電極間(例えば、半球間の)でさえ観察されます。 どうやら、それゆえ、その同期は、脳組織の複数のスケールにわたる重要なコーディングメカニズムであるようです。

脳トレーナーへの道 80

2013年12月14日

ハイベータ (20-32 HZ)

ハイベータは、ピークパフォーマンス、認知処理、心配、不安、考えすぎ、反芻、OCDに関連付けられています。

ハイベータはしばしばトレーニング中にダウントレーニングされ、めったにアップされません。

 

過度の20-32 Hzのベータ波は、いずれかの疾患のマーカーかもしれません。 またはそれは、脳が過剰シータを補完しようとしているのかもしれません。 シータをダウントレーニングするのは、ハイベータをダウントレーニングすると同様に重要かもしれません。 ベータ/ SMRのプロトコルをするときに、ハイベータと徐波をダウントレーニングするのは一般的な方法です。

 

13-32 Hzの範囲の広範かつ過度のベータ波をダウントレーニングするのは困難です。閾値を13-32 Hzの抑制するように設定し、リワードをなくすと、ときとしてうまくいきます。トレーニングセグメントを5-7分の数分間に分け間に数分の休憩を入れると学習を促進する可能性があります。このような形のトレーニングが向かないクライアントもいます。

 

彼らは神経質であり、かれらの交感神経系は厳戒態勢であると思われます。 被験者が腹式呼吸ができると良い結果が得られます。 たまにリワードを追加すると、大きな違いが出ます。例えば、ベータ抑制にアルファリワードを追加することは合理的です。そうだとすれば、中央、後部とRH(右半球)サイトへのトレーニングに制限しましょう。特に前方のサイトで、LH(左半球)のアルファアップトレーニングはうつ病との関連のためにめったに使用されていません。

脳トレーナーへの道 79

2013年12月13日

ベータ波をアップトレーニングする場合は注意が必要です。なぜならベータと筋電はオーバーラップしているからです。

“アーティファクトを訓練しないでください!”アダムクレーンがトレーナーに警告します。

もしモニターしている脳波が実は脳波でなく、筋電だとしたら被験者は、頭蓋の筋肉の緊張(時には首の緊張)を高めるトレーニングをすることになります。

この問題を避けるために肩から力を抜き、悪い姿勢を回避することが奨励されます。 足を組みたいときは、半ヨガの位置を使用するか、足首のレベルで足を交差しましょう。

速波が本当にベータ波か筋電でないことを確認してください。 クライアントのボディランゲージを読み取り、額の緊張、肩の力の入り具合、姿勢に注意しましょう。リラックスしたり、ストレッチするように依頼しましょう。EEGを見ることが助けになるかもしれません。EMGが途切れ途切れの鋭い信号を持っているのに対し、ベータは、リズミカルな信号を持っています。

脳トレーナーへの道 78

2013年12月12日

過度のベータは、一般に次のような疾患に多く見られます。ADD、強迫性障害(OCD)、睡眠障害、歯ぎしり、学習障害、不安障害、うつ病、および他の多くの精神の問題:このような症状を持つ場合、前頭RH(右半球)ベータがLH(左半球)のベータを超えてベータ振幅がシータ振幅と等しいかそれよりも大きいことが一般的です。

過度のベータを持つクライアントは、不安かぎすぎすしていて、落着けます。彼らは通常、呼吸法の恩恵を受けるタイプです。 ニューロフィードバックトレーニングだけでは十分ではありません。 トレーニング外の活動、宿題に、積極的に参加者になるためにクライアントを支援しましょう。

15〜20分の皮膚温度のトレーニング、呼吸法、一人またはグループでの弛緩トレーニングが含まれています。

脳とれーなーへの道 77

2013年12月11日

ベータ(13-21 HZ)

ベータ波は、”13ヘルツ以上のリズミカルな脳波です。

ベータは集中、分析、意識の外向、またはリラックスした思考の状態と関連しています。優位的ベータ周波数は子供よりも成人の方が高いです。 ベータが一番高い部位は前頭中心ですが、それが広まっていることがあります。アルファのように開眼減衰しません。眠くなるとベータの振幅が大きくなるように見えます。

 

ベータ波は、いくつかの異なる範囲で定義されています。

例えば、E.ロイ•ジョンズ(NxLink)標準データベースでは12.5から25 Hzのようにベータ波を定義しています。

他では13-21、15-20、または13-32 Hzとベータ波を定義します。

ベータに関して他のトレーナーと連絡するとき、ベータの周波数を定義する必要があります。

1999年に、デビッドソンは右前頭葉の過剰な活性化が不安のマーカーであるのに対し、左前頭葉のそれ不活性化はうつ病のマーカーであることを提案しました。彼らの研究では、右半球(RH)前方ベータダウントレーニングが不安を持つクライアントを助けるかもしれない一方、LH前のベータ版をアップトレーニングすると、うつ病のクライアントを助けるかもしれないことを示唆しました。

 

鍵は、EEG測定と症状を一致させることです。

例えばクライアントが興奮し、不安感を示していて、EEGがRHベータがLHベータより非常に大きい場合、ベータのダウントレーニングが有効です。

あるいは、クライアントは、うつ病を有する場合でLHの過剰な徐波活性を示すときは徐波をダウントレーニングし、適切なベータ帯域幅をアップトレーニングしましょう。

ここでのポイントはアップにしろダウンにしろベータ波のトレーニングはデータによる周波数の正しい選択によります。

  • 記事の更新通知を受け取る

  • Facebook



  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • タグクラウド

  • PAGE TOP
    Copyright(c) 2013 デジタル脳トレ All Rights Reserved.