コヒアランス http://t.co/6g7AEE・・・

2014年4月30日

コヒアランス http://t.co/6g7AEEl9WR @$author_tさんから

脳が浮気する?

2014年4月30日

脳が浮気する?



おはようございます、脳トレーナーの佐藤です。

医学博士・脳科学者の中野信子さんによると、男性は遺伝的に浮気しないタイプと浮気しがちなタイプに約6:4の割合でわかれるそうです。つまり、「浮気性」というのは先天的な問題で、「浮気遺伝子」を持って生まれたのだとしています。 こういう人は“脳内麻薬”とも呼ばれる「ドーパミン」をより多く求める性質があり、もともと快楽に溺れやすい脳をしています。この「ドーパミン」を脳内に放出させるために、スリルを探す欲求が強く、一人の異性を愛するよりも多くの異性を求めてしまうのです。

中野さんは、こういった男性の特徴として「テストステロン」という男性ホルモンの分泌が活発なことを挙げています。

「テストステロン」は、いわゆる「男らしさ」を作り出す働きがあるため、筋肉が発達していて痩せ型、仕事もバリバリとこなすなど、男性的で精力的な人はこのタイプだといえます。

トレーニングアプローチ:

愛情ホルモン、オキシトシンの分泌を促したり、夫婦間の関係を良くするにはペア・トレーニングが適しています。

2つの脳の同期性を高めるトレーニングで共感が深まります。電気的な関係でトレーニング中、2人の体が触れている必要があります。

コヒアランス

2014年4月30日

コヒアランスは、脳内の2地域間の関係を示します。細胞の集団が発火し、脳波を発生させる多くの場合、それらの周波数が一致し共鳴します。より多くが一緒に共鳴すれば、より多くのタイミングが同期します。波の山と谷が一致し始めるとフェイズロックされます。
2つの波が完全に重なるとシンクロしていると言います。これは、コヒアランスの特別な場合です。波の山と谷が一致する場合、それらのフェイズアングルがゼロとなります。
それらはフェイズロックする度合いは、しばしば、平均フェイズアングルと呼ばれます。フェイズが180度ずれている場合、それらのピークは反対側で起こります。ニューロメトリックスでは、コヒアランスは、2つの位置が一定のフェイズアングルを有している程度を指します。
フェイズアングルが一定であるときそれらの間の通信レベルが高いとみなされます。
コヒアランスが高すぎる場合は、機能領域の間の分化の欠如があります。コヒアランスが低い場合には、機能領域の間のコミュニケーションの欠如があります。
実際には、脳波コヒアランスの定義にかなりの意見の相違があります。脳波コヒアランスは正式にはデータベースに基づいた平均値に対する時間の経過に伴うフェイズのコバリエーションと定義されています。
デュアン・シャトルワースによると、E.ロイ・ジョンは後年左右の半球内のさまざまな部位間でのパワーのコバリアンスという定義を選択しました。
さらに問題を混乱させることに、スターマンはデータベースに基づく平均値に対して時間経過における周波数のコバリアンス、彼がコモュレーションという測定法を紹介しています。
この時点で、ニュネスはコヒアランス測定は最大10cmの電極間距離にわたって体積伝導によって非常に汚染されることを示しています。
これは一般的なQEEGに表示されているコネクションの大部分を無効にします。低解像度トモグラフィーキー研究所、(LORETA)イメージングを開発したロベルト•パスクアル・マルキは、彼の最新の研究で、コヒアランスは2次元計測であると主張しています。
スターマン・カイザーデータベースを共同開発したデビッド•カイザーは、さらに進んで、それを一次元であると述べています。
彼はまた、2次元のコヒアランスは視床を含む三次のソースからの影響によって混乱していることを示します。
デビッド•カイザーとポールヌニェスはコヒアランスが正確であるにはラプラシアン変換に基づくべきであると主張しています。
サッチャーは、ラプラシアンはコヒアランスの基礎となるフェイズ測定を歪めると主張しています。
これらの問題を考慮するとコヒアランスをコネクティビティの漠然とした、接続の一般的な指標として考慮することが最善かもしれません。
フェイズは、電気ではフェイズアングルと呼ばれる2つの部位の山と谷が同期する角度として定義されます。
コヒアランスはフェイズが時間経過したときの一貫性から派生します。
一方シンメトリは、2つの異なるサイトでの振幅の共分散によります。 まだ研究が十分されていませんが、、特に外傷性脳損傷と学習障害(LD)に対し2つの部位間のコヒアランスとフェイズ差をトレーニングするのが一般的になってきています。
テキサス州の神経科医ジョナサン•ウォーカーは、この分野での主要な存在で最も経験豊富な臨床医の一人です。
いくつかのメーカーは、2つ以上のチャンネルでこの機能を持っている機器を提供し始めています。しかし留意すべき点はトレーニング前後のQEEGでも分かるように、振幅トレーニングでもコヒアランスの大きな変化があります。
一部分が他に影響を与えます。(パワーやマグニチュードはコヒアランスに影響を与え、逆も真なのです。)
これからの研究課題は、コヒアランストレーニングによって得られる利点を考えることです。
コヒアランスとパワー(またマグニチュード)は、数学的には異なり独立していますが、機能的な違いはありません。
脳はフェイズ活動の結果としてパワーとマグニテュードを示す動的なシステムです。
BrainMasterTechnlogiesは脳波トレーニングにDLL(ダイナミックリンクライブラリ)を使用して脳波をNeuroguideデータベースにリンスするアプローチを開発しました。この新技術は「Zスコアトレーニング」と呼ばれます。
この方法では、コヒアランスが規範データベースに基づいて、特定のパラメータの範囲内で訓練をすることができます。これにより、コヒアランスは容易に高すぎたり低すぎたりすることがないように、非常に慎重に範囲内で訓練されることを保証されます。コヒアランスのトレーニングはより一般的になってきているようで、多くの臨床家は、意図しない深刻な副作用を指摘しています。
Z-スコアトレーニング方法は、この問題を最小限に抑えるように見えます。
オスマーはコヒアランスが高すぎるネットワークに可塑性を奨励し結果がアンチコヒアランストレーニングになる新しいプロトコルを提案しました。ジークフリートはまた、彼らがバイポーラトレーニングから離れるかもしれないことを示しました。彼らは現在、より正確かつ制御可能性な2チャンネル•バージョンを使用しています。しかし、現在オスマーはサブデルタトレーニングを行っています。
コモジュレーション
バリー・スターマンとデイビット・カイザーはコモジュレーションという接続性の尺度を作りました。これは、数学的に2つの電極の位置のマグニテュードの共分散から導出されます。現在他のデータベースシステムでは使用されていませんが、それが特定の障害と、機能の問題を予測するの非常に貴重な相関であるように思われます。現時点ではこの措置を採用する研究があまりありませんが、将来的には有望かも知れません。

#mynavinews NCNP、ADHD児童向け・・・

2014年4月29日

#mynavinews NCNP、ADHD児童向けニューロフィードバック訓練効果の客観的検証に成功 http://t.co/xplyioK8ZZ

ハイパーカップリング、ハイポカップリングとコヒアラ・・・

2014年4月29日

ハイパーカップリング、ハイポカップリングとコヒアランス http://t.co/nxWoZ73uo4 @$author_tさんから

  • 記事の更新通知を受け取る

  • Facebook



  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • タグクラウド

  • PAGE TOP
    Copyright(c) 2013 デジタル脳トレ All Rights Reserved.