あなたは辛抱強い人になりたいですか?

2014年8月31日

あなたは辛抱強い人になりたいですか?

Jo Sato shared Neurofeedback Japan’s photo.
セロトニンが「辛抱強さ」促す 



沖縄科学技術大学院大学などの研究チームがセロトニンが増えると、辛抱強さが高まることをマウスの実験で見つけたそうです。分泌を促すと、えさをもらうまで耐える待ち時間が約45%延びました。意欲低下や衝動性を伴う精神疾患の解明や治療法の開発などに役立つ成果だそうです。

マウスの中脳にある「背側縫線核」にはセロトニンの放出などにかかわる神経細胞があります。大脳の前頭前野などを刺激し、運動調節や気分障害などに関与しています。研究チームは遺伝子操作で、この神経細胞が特定の波長の光を受けると活発に働くようにしました。マウスにエサを与えるふりをしたときにマウスがエサ場で待てる時間を調べました。マウスはエサ場に鼻を入れて待ち続けるが、その際に神経細胞に光を数秒あてると待ち時間は約17.5秒になった。通常は約12秒であきらめてしまうため、セロトニンによって辛抱強くなったとしています。



トレーニングアプローチ:

セロトニンはアルファ波に関連しています。アルファ波を増やすことでセロトニンの増加が促せます。つまり脳を鍛えることで忍耐力を上げることも可能です。

問い合わせ、申し込みサイトはこちらです。

http://neurofeedback.jp/reservation.html

いつもキリリッとしているばかりが能(脳)ではないよ・・・

2014年8月30日

いつもキリリッとしているばかりが能(脳)ではないようです。

Jo Sato shared Neurofeedback Japan’s photo.
「ぼーっとする」のが脳にとって大切?



おはようございます、脳トレーナーの佐藤です。

何かに意識を集中させていない「アイドリング状態」時に、脳の一部は活発に活動しています。このことが、意識的な脳活動にとって非常に重要であることがわかってきています。

マックス・プランク研究所のダニエル・マーグリーズによるとたとえわれわれがそうしようと思ったとしても脳活動はオフ状態にはならないそうです。何かに集中しておらず、ぼーっとしているときの脳を調べた既存の研究では、そのような状態にあるときに、別の活動中のときと比べてはるかに活性化する部位があることが明らかになっているのだそうです。しかも、そうした状態は、周期的に発生するようです。

人間の脳活動では、ふたつのニューラルネットワークがきわめて重要であることが明らかになっています。ひとつは、われわれが周囲の世界に反応することを可能にしている「外界へ向けられたネットワーク」。もうひとつは、特に何もしていないときに活性化する「デフォルトモード・ネットワーク」(DMN)です。DMNは、脳内のさまざまな神経活動を同調させる働きがあり、自動車のアイドリング状態のように,さまざまな脳領域の活動を統括するのに重要な役割を果たしていると考えられています。



トレーニングアプローチ:

デフォルトモードはニューロフィードバックでも大変注目されています。デフォルトモードが活性化しすぎていたり、不活性であったりすることが症状や障害に関係があります。

それをトレーニングで正常化すると思わぬ改善が望めます。

トレーニングの問い合わせ、申し込みはこちらから

http://neurofeedback.jp/reservation.html

これさえやればアルツハイマーにならないかも!

2014年8月29日

これさえやればアルツハイマーにならないかも!

Jo Sato shared Neurofeedback Japan’s photo.
アルツハイマー予防にコグニサイズ



おはようございます、脳トレーナーの佐藤です。

アルツハイマー病がの治療法は未だ確立されていませんが、認知症を発症する前の軽度認知障害の段階であれば、正常へ回復することも可能です。それに大変効果のあるコグニサイズをご存じだろうか? コグニサイズとは、認知を表す「コグニション」と、運動を表す「エクササイズ」をかけ合わせた造語です。コグニサイズは、有酸素運動を中心とした運動に加えて脳にも負担をかける、例えば歩きながら引き算をする、踏み台昇降をしながらしりとりをするなど、頭を使う作業を加えることによって脳の活性化をめざすプログラムです。国立長寿医療研究センターが308名のMCI高齢者を対象に検証したところ、コグニサイズを導入した運動教室に参加した人では、記憶力の向上、海馬周辺の萎縮の抑制が見られたそうです。海馬は記憶や学習を司る脳の部位であり、アルツハイマー病は海馬が萎縮する病気のことをいます。



トレーニングアプローチ:

コグニサイズと脳トレを同時に行えば相乗効果が望めそうですね。アルツハイマーにどうしてもなりたくない人は試してみては?

http://neurofeedback.jp/reservation.html

高熱が出たり、しばらく食事をしないと急に自閉症の人・・・

2014年8月28日

高熱が出たり、しばらく食事をしないと急に自閉症の人が良くなることがあります。すぐにまた元に戻りますが・・不思議ですね。

Jo Sato shared Neurofeedback Japan’s photo.
ファスティングで脳が復活



おはようございます、脳トレーナーの佐藤です。

ファスティングで臓器に休息を与えると臓器が正しく機能するようになり、五感が冴えわたり、爽快感で満たされます。

実はそれはケトン体という物質の働きによるものです。ケトン体は、体内の脂肪が分解されることで分泌が高まる、脳のエネルギー源となる物質です。ケトン体が脳で使われると、脳内ではリラックス状態の時にでる脳波の「α波」が増え、脳下垂体からは”幸福ホルモン”と呼ばれる「β-エンドルフィン」の分泌が増えるのです。ネガティブな思考がポジティブに。脳が蘇るような感覚を味わえるファスティング。

脂肪がしっかりと燃焼し始める3日目以降から、さらにその感覚は高まります。新しいアイデアが湧いてきたり、何気ない毎日に感謝と感動ができたり、心穏やかな気持ちで新しい自分に出会えるそうです。一度トライしてみたいものですね。

勿論ノウハウがあり、専門家の指導のもと正しく行う必要があります。



トレーニングアプローチ:

昔から断食や瞑想は脳内変化を目指し行われることが多かったようです。脳の変化は神経伝達物質の変化として表れ、それは脳波のパターンの変化に繋がります。

理論的には断食や瞑想と同じ変化が脳トレ、ニューロフィードバックでも起こすことができます。

希望者はこちらから

http://neurofeedback.jp/reservation.html

脳であなたが正直かどうか分かります。

2014年8月27日

脳であなたが正直かどうか分かります。

Jo Sato shared Neurofeedback Japan’s photo.
あなたの脳は正直脳、うそつき脳?



おはようございます、脳トレーナーの佐藤です。

京都大学こころの未来研究センターの阿部修士特定准教授らの研究グループがfMRIと嘘をつく割合を測定する心理学的な課題を用いて、正直さ・不正直さの個人差に関係する脳の仕組みを解明したと発表しました。今回、実験参加者に対し、fMRIによる脳活動の撮像中に、「金銭報酬遅延課題」「コイントス課題」の2種類の課題に取り組んでもらいました。「金銭報酬遅延課題」は、報酬を期待する際の脳活動を調べるための課題で、正方形が一瞬呈示され、その間にうまくボタンを押すことができれば、報酬を獲得することができます。コイントス課題は、正直さ・不正直さを測定するための課題で、実験参加者は、コイントスの結果(コインが表か裏か)を予想します。予想に成功すると、お金による報酬が与えられるが、失敗するとお金が減ります。実験を実施した結果、金銭報酬遅延課題で測定した、報酬を期待する際の「側坐核」の活動が高い人ほど、コイントス課題において嘘をつく割合が高いことがわかりました。これより、脳のレベルでの報酬への反応性が高い人ほど、お金への欲求が強く、結果として嘘をついてしまった可能性があるそうです。さらに、金銭報酬遅延課題で測定した側坐核の活動が高い人ほど、コイントス課題で嘘をつかずに正直な振る舞いをする際に、背外側前頭前野と呼ばれる領域の活動が高いこともわかりました。背外側前頭前野は、理性的な判断や行動の制御に重要な領域と考えられています。お金への誘惑に打ち勝って正直に振る舞うためには、報酬への反応性が高い人ほど、より強い前頭前野による制御が必要という可能性を示唆しているといいます。これより、今回の研究は、報酬への脳のレベルでの反応、つまり側坐核の活動の個人差によって、人間の正直さ・不正直さがある程度決まることを示した世界的にも初の知見としています。



トレーニングアプローチ:

嬉しいメールをいただきました。やはりニューロフィードバックは発達障害に大きな影響を与えます。

20回ほどトレーニングをした12歳の男の子が夏休みに田舎に帰るとおじいちゃん、おばあちゃん、そして親戚の人に素直な明るい子になったと驚かれたそうです。

http://neurofeedback.jp/reservation.html

  • 記事の更新通知を受け取る

  • Facebook



  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • タグクラウド

  • PAGE TOP
    Copyright(c) 2013 デジタル脳トレ All Rights Reserved.